SERVICE

Logical thinking

ロジカルシンキング 研修

ロジカルに考える思考法を身に着けることで
コミュニケーションや業務改善が進み生産性が向上します。
本講座では基本から実践までを幅広くご教示します。

 目標

  1. ロジカルシンキングの基本を習得し人に教えられるレベルにする
  2. 説得力があるプレゼン、文書作成などアウトプット技術の素養を習得
  3. 円滑に仕事を進める選択肢や情報の整理能力の向上

 特徴

  1. 講義だけではなくディスカッションやグループワークを通じて新たな気づきを得る
  2. 抜け漏れがなく、説得力が高いコミュニケーション術など日常で即実践できる内容
  3. MECEや帰納法・演繹法などの専門用語よりもアウトプット技術の実践に比重
  4. 事例演習を通じ、自分事としてとらえるような形式で進行
  5. 講義→個人ワーク(振り返り)→グループワーク(共有)→全体発表(気づき)→講師フィードバック(学び)のサイクルを
    各テーマに沿ってまわしていくことで、定着をはかる

 おすすめ

  1. 気合と根性、感情でコミュニケーションする人や組織の現状を変えたい場合
  2. 説得力がある会話や文書作成ができておらず生産性が低下している場合
  3. 基本的な素養はあるものの、実践で論理的に考えて行動できていない社員が多い場合
  4. とにかく小難しい理論をわかりやすく、なじみやすく解説してほしい場合
  5. 新人研修、役職者研修、階層別研修などの基本教育として導入したい場合

※部署や役職を問わずおすすめです。

 カリキュラム例

(標準所要時間 : 1日間 、 目安となる受講者数 : 20名前後)

1. ロジカルに考えるってどういうことか?

  • 説得力がある話ってどういうものかを考える
  • ロジカルシンキングとは?
  • ロジカルシンキングの3条件
  • 結論を明確にすること
  • 説得力がある理由や根拠を示すこと
  • テーマの確認と行動策も加えてはじめて仕事は前進する

2. 説得力がある論理構造とは?

  • ピラミッドの形に落とし込む
  • 漏れなくダブリなく理由を洗い出す
  • 業務や収益項目の情報を洗い出す演習
  • 説得力がある理由や根拠を示すこと
  • 相手のニーズをとらえる
  • 相手のニーズにあった理由を絞り込む
  • 3つ程度の選択肢で整理する
  • 事実や数字で語れるまで深堀りする

3. 論理構造の注意点

  • 情報が多い場合は要約する力を身につける
  • いくつかの情報から結論を導き出す論法
  • 現状、ルールや規範に則り、結論を導き出す論法
  • ゼロベース思考の効果
  • 仮説思考でスピードアップする

4. フレームワークの活用でスピードアップ

  • フレームワークとは何か?
  • 日常生活で身近にあるフレームワーク
  • ビジネスの基本的なフレームワーク
  • 業務改善に活用できるフレームワーク
  • 経営や戦略作成で用いるフレームワーク

5. ロジカルシンキングによる事例演習

  • ロジカルシンキングによる説得
  • フレームワークを使った市場環境の把握
  • 自分の業務の問題点や改善策を論理的に説明する
  • 新規事業を企画し、論理的なストーリーをつくる

 カリキュラム設計

カリキュラム例は標準的なモデルのため、実際には変わることがありますので予めご了承ください。詳細なカリキュラムは、貴社の状況に応じてオーダーメードで作成してご提案いたします。自社の課題を取り上げて欲しい、受講者のレベルに合わせて欲しい、業界の特殊事情を考慮して欲しい、休日実施は可能か?短時間受講は可能か?な ど、お気軽にご要望をお申し付けください。

 担当講師

代表の鈴木をはじめ、弊社が厳選したプロフェッショナルが講師を務めます。基本的なノウハウを体系的に学ぶだ けではなく、多種多様な業界経験がある弊社のパートナー講師の知見も活かして実践的な講師を派遣します。

 講師メッセージ

他の研修会社でも定番になっているロジカルシンキング研修ですが、弊社の特徴は2つです。

  1. どこよりも分かりやすく小難しい理論を解説。
  2. アウトプット技術を前提とした講座。

理屈だけ覚えても頭がロジカルに切り替わらないため、実践を通じて思考のクセづけに重点を置きます。小難しいハイスペックなコンサルタントが語る理論偏重の他社とは異なる、"とっつきやすさ"、"使いやすさ"を重視 したプログラムをご提供します。

 他のカリキュラムとの組み合わせ例

単発で1カリキュラムを受講するよりも、「他のカリキュラムと組み合わせる」か、3~6か月間などの期間を空けて「フォローアップ講座」を実施することで効果は最大になります。

 導入に向けて

弊社サービスの導入に向けてご不安な場合は、事例でイメージを膨らませていただき、Q&Aページで不安を解消してください。さらに詳細を知りたい場合は、資料をご請求いただくか無料相談にお申込みいただくことでより確実にご理解いただけます。

Contactお問い合わせ
ページトップ
  • 鈴木晋介オフィシャルサイト
  • 鈴木イズムブログ