SERVICE

Description
Presentation skills

説明・プレゼン力 研修

顧客向けのプレゼン、社内での報告や予算獲得のための合意形成等
これら全ては「伝え方」次第で成果が変わってきます。
本講座では口下手でも成果を出す伝え方を中心にご教示します。

 目標

  1. 説明力・プレゼン力の基本を体系的に習得
  2. 簡潔に一発で伝わるシナリオと表現力を習得
  3. 相手を動かす技術を習得し、仕事で成果を出す

 特徴

  1. 講義だけではなくディスカッションやグループワークを通じて新たな気づきを得る
  2. 単に話し方を学ぶのではなく、相手の読み解き、シナリオ作成、言い回しなど多面的に解説
  3. 場面別の事例演習でロープレとフィードバックを行い身体で覚える講座
  4. 伝え方の達人の研究を通じ、受講生にとってのお手本設定で研修後も効果を持続
  5. 講義→個人ワーク(振り返り)→グループワーク(共有)→全体発表(気づき)→講師フィードバック(学び)のサイクルを
    各テーマに沿ってまわしていくことで、定着をはかる

 おすすめ

  1. 社員全員の「伝える力」をアップデートしたい場合
  2. ムダに長い会話をなくし簡潔でも具体的に伝える技術が欲しい場合
  3. 上司への報連相、顧客向けのプレゼンなど場面別に伝え方の使い分けを可能にしたい場合
  4. 説得力があるシナリオと話し方を理論ではなく身体で習得したい場合
  5. 新人研修、役職者研修、階層別研修などの基本教育として導入したい場合

※部署や役職を問わずおすすめです。

 カリキュラム例

(標準所要時間 : 1日間 、目安となる受講者数 : 20名前後)

1. 結局、何が言いたいの?と言われないために

  • 「伝える力」とは何か?
  • 「伝え方が弱い人」は生産性を著しく落とす
  • 一流の伝え方と二流の伝え方の違い
  • 池上彰とジャパネットたかたは何がすごいのか?
  • 話の中身の前に目的と相手の洞察が鍵
  • 説明とプレゼンは何が違うのか?

2. すぐに上達する「話し方」の秘訣

  • 声のトーンとスピードの重要性
  • どこを見て話せば伝わるのか?
  • 間はどれくらいとれば伝わるのか?
  • 効果的なジェスチャーのつくりかた
  • メリハリをつけることでインパクトをつける
  • 早口、「あの~」をなくす秘訣

3. 腹落ちする「論理的シナリオ」のつくり方

  • 説明やプレゼンで求められる論理とは?
  • 一発で伝わる論理構成のテンプレートを公開
  • 依頼事や交渉で必要な説得力のつくり方
  • 伝えたい情報の整理と絞り込む技術
  • フレームワークで整理する方法
  • どうすれば簡潔に伝えることができるのか?
  • 要約力の鍛え方
  • 比喩表現トレーニング

4. 図解「資料」で直感的に伝える技

  • 資料で補完することで最強の伝え方となる
  • 文字より、図やグラフの方が一発で伝わる
  • 3秒で完成する図解の技術
  • 文章を図で表現するトレーニング
  • 図解作成した資料に基づき社内プレゼンする総合演習
  • 自分の仕事や商品を社外のはじめての方に説明する演習

 カリキュラム設計

カリキュラム例は標準的なモデルのため、実際には変わることがありますので予めご了承ください。詳細なカリキュラムは、貴社の状況に応じてオーダーメードで作成してご提案いたします。自社の課題を取り上げて欲しい、受講者のレベルに合わせて欲しい、業界の特殊事情を考慮して欲しい、休日実施は可能か?短時間受講は可能か?など、お気軽にご要望をお申し付けください。

 担当講師

代表の鈴木をはじめ、弊社が厳選したプロフェッショナルが講師を務めます。基本的なノウハウを体系的に学ぶだけではなく、多種多様な業界経験がある弊社のパートナー講師の知見も活かして実践的な講師を派遣します。

 講師メッセージ

「説明・プレゼン力」と聞くと、多くの人は「話し方」の旨い下手を気にされますが、それは決定的に大切なわけではありません。目的や相手の読み解き、立ち居振る舞い、ロジック、図解表現による資料など複合的要因で伝え方の力は決まります。そこで、本講座ではセンスや才能に頼らず、体系的に「型」を学び、再現性を重視します。長電話、ダラダラ会議、要領を得ない報連相など会話におけるムダが積み重なるだけで生産性も確実に落ちてしまいます。本講座を生産性向上の観点からもご活用ください。初心者から上級者まで誰が受講しても実践的な内容です。

 他のカリキュラムとの組み合わせ例

単発で1カリキュラムを受講するよりも、「他のカリキュラムと組み合わせる」か、3~6か月間などの期間を空けて「フォローアップ講座」を実施することで効果は最大になります。

 導入に向けて

弊社サービスの導入に向けてご不安な場合は、事例でイメージを膨らませていただき、Q&Aページで不安を解消してください。さらに詳細を知りたい場合は、資料をご請求いただくか無料相談にお申込みいただくことでより確実にご理解いただけます。

Contactお問い合わせ
ページトップ
  • 鈴木晋介オフィシャルサイト
  • 鈴木イズムブログ